本文へスキップ

新座市のプライマリークリニック。年中無休志木南口クリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.048-485-6788

〒352-0001 新座市東北2-30-15 2F

書評Book Review

「病気は社会が引き起こす」角川新書 令和元年12月10日発行

病気は社会が引き起こす 著者木村 知(きむら とも)
1968年カナダ生まれ 医師。2004年まで外科医として大学病院等に勤務後、大学組織を離れ、総合診療、在宅医療に従事。診療のかたわら、医療者ならではの視点で、時事・政治問題などについて論考を発している。  
 ウェブマガジンfoomiiで「ツイートDr.きむらともの時事放言」を連載中。  
 医学博士。2級ファイナンシャルプランニング技能士 
 著書に「医者とラーメン屋」「本当に満足できる病院」の新常識(文芸社)がある。  
 
 ちょうど30年前、1989年流行語大賞にノミネートされた栄養ドリンク剤のコピー 「24時間タタカエマスカ」 を覚えておられますか?  

 この時期、日本はバブル景気で国民は誰も彼も浮かれており、モーレツ社員と呼ばれる仕事ジャンキーもあちこち闊歩していました。
 このコピーは当たり前のように受け入れられ、大人はカラオケで歌い、子供はCMを真似る始末です。その後、バブルがはじけ、社会を揺るがす「過労死」が問題視されこの非人道的なコピーは過去の言葉になります。

 今、改めてこの流行語を見ると、働き方改革など宣言している現代では違和感ありですね。時代を象徴する言葉でも社会の認識が変われば陳腐この上なくなる典型例でしょう。
 さて令和の世はどうでしょう。
 風邪なんかでは仕事・学校休めない?
 そうですね。学生さんはともかく社会人なら責任感でなおさらそう思っても不思議でありません。
 「風邪で絶対に休めないときに」服用する市販薬のCMがTVでよく流されます。
 ああ、風邪を一発で治す切れ味のいい新しい薬ができたのかな、それはいいな、とすんなり頭に入ってきます。  
 しかし、著者はこのコピーを真っ向から断罪します。
 え、だめなの? そう、ダメなんです。こんなことではいけない、と思ったことが著者の執筆のきっかけになりました。    

 風邪でもひるまず社会でタタカウ日本人の意識を変えない限りインフルエンザを初めとして感染症は大流行を繰り返すと著者は警告します。  

 あれほど24時間タタカウことを不思議に思わなかった国民が現代では「それはないな」と感じているのに、風邪を引いたときの国民の行動は30年前、いやそれ以前からも変わっていないのはなぜでしょう。

 風邪を引いたら病院へ行って薬をもらったら、いけないの?楽になったのに会社に行ってはいけないの?
 私が悪いの?
 いいえ、あなたは悪くありません。
  志木南口クリニックは日・祝日になぜこんなに患者さんが来るのでしょう。でも、三時間近く待って数分の診察ってどうよ。週末になると風邪ひく人が多いのかな? いいえ、それも違います。それらの答えは著書を読んでいただく方がよいでしょう。  

 著者は大学時代はバリバリの外科医で、日勤・当直・翌日オペ・術後管理をぶっ通しでこなすそれこそ「36時間タタカウ」医師でした。  
 現在は同系列クリニックで診療の一翼も担っており、私の盟友でもあります。また、訪問診療も手がけるプライマリケアも熟知したマルチタレント・ドクターです。  
 その豊富な知識と過去の理不尽とも思える勤務医時代の勤労経験もふまえて現代の国民の働き方、そして医療の問題点を様々な切り口で提議していきます。
 来るべき少子高齢化、いやもうすでに突入しており、どんどん医療費は高齢者につぎ込まれ、支えるべき現役世代が減り、限られた経費の中、患者・医療者の最善の関係を構築するにはどうすればいいのか?「いつでも・どこでも・誰でもかかれる」日本が誇るべき国民皆保険を守るための知識と備えはありますか?  

 その処方箋はここにあります。
 でも、それこそは政治家が考えることでないの?
 いいえ、そうではありません。自身の健康とそれを守ってくれる医療システムを上手に利用するためには、私たち一人一人の医療に対する意識を変えることから始まるのです。  
 政治家まかせ、雇用者まかせ、医師まかせではなく、あなたの行動から変えて行かなくてはいけません。    
「風邪でも気兼ねなく休める」世の中にするために。そしてそれが当たり前の意識になる新しい令和の世のレシピがこの本です。  

 是非、一読をお勧めします。
                                  志木南口クリニック 院長

志木南口クリニック Shiki-Minamiguchi Clinic志木南口クリニック

〒352-0001
新座市東北2-30-15川島屋ビル2F
TEL 048-485-6788
FAX 048-485-6787


受付時間
  診療・予防接種 
 平日 8:30〜12:30 
 14:00〜18:30
(予防接種18時まで)
 土・休日  9:00〜16:30
(予防接種16時まで)
*予防接種の受付は9時からです。
*令和2/4/5からは変更があります。特設ページをご覧ください。
お問い合わせメール
予防接種
健康診断